ノンシリコンの化粧品のメリットとは?危険性や効果について

スキンケア関連

シャンプーの場合「ノンシリコン」を判断材料にして購入する方が多いですが、化粧品やメイクでもノンシリコンの商品はあります。

化粧品やメイクでノンシリコンを選ぶとどんなメリットがあるのでしょうか?

化粧品やメイクでノンシリコンを選んだ方が良いのか気になったので調べてまとめてみました。

シリコン(シリコーン)とは?

シリコンは元素名(ケイ素)で、シリコンを原料とした精製化合物はシリコーンと呼ばれます。

そのため、化粧品などに含まれているのはシリコーンという合成高分子化合物です。

天然成分ではないので安全性を不安に感じる方もいるかもしれませんが、シリコン自体は人体への害が少なく、毒性や刺激性もなくアレルギーを起こしにくく安全性が高い物質です。

化粧品でノンシリコンを選ぶメリットとは?効果は?

髪の毛の画像

シリコン(シリコーン)は水や油にも馴染まないのでコーティング効果が高く、シャンプーやファンデーションなどにも多く使われている成分です。

化粧品やシャンプーでノンシリコンを選ぶメリットはズバリ皮膚への負担が少ないという点です。

シリコンは、コーティング力の高さから簡単にサラサラの被膜を作ることができ、シャンプーやトリートメントなどのヘアケア用品に使うと、触り心地の良いツヤ髪を演出してくれますし、ファンデーションの場合は、水にも強いのでウォータープルーフタイプのほとんどの商品に配合されています。

化粧水や美容液などの基礎化粧品でも使用感の向上目的で配合されています。

パッケージ裏などの原材料名にはジメチコン、ジメチコノール、シクロペンタシロキサンといった名前で書かれています。

ただし、シリコンはコーティング力が高いので毛穴などを防ぐことが心配されていますし、また、水や油にも馴染まないので水や石鹸で洗い流しにくいのもデメリットでしょう。

しっかり落とすためには、洗浄効果の高いクレンジングが必要になってきますが、洗浄力が高いクレンジングは当然ながら肌への負担に繋がり、結果的に肌へのダメージに繋がる心配があります。

シリコン入りの化粧品を使うことでニキビや肌荒れが多くなったという意見もあるので注意が必要ですね。

シリコンを入れると使用感UPするのがメリットですが、ノンシリコンの化粧品を選ぶメリットは肌への負担への心配が減る点ですね。

その証拠に、シリコーンは医薬品などでも活用されています。

基礎化粧品はノンシリコンの商品がオススメ

基礎化粧品は毎日直接肌につけるものなので、なるべくノンシリコンの物を選んだ方が無難だと思います。

シャンプーやトリートメントの場合、どうしても軽やかなサラサラ髪に仕上げたいという方にはシリコンのメリットは大きい気がしますが、個人的には化粧水や乳液などの基礎化粧品はノンシリコンの物を使うべきだと思っています。

最近は無添加(フリー)にこだわった化粧品やコスメが増えてきたので簡単にノンシリコンの化粧品を探すことができます。

化粧品を購入する際の基準は人それぞれですが、ノンシリコンを基準の一つに加えるのもオススメです。

オススメのノンシリコン化粧品を紹介

イミニリペアセラムのイメージ画像

ノンシリコンの化粧品(オールインワンコスメ)を探しているのならイミニリペアセラムというオールインワン乳液がオススメです。

当サイトで、お勧めしているイミニリペアセラムは以下の8つの無添加(フリー)にこだわった処方になっています。

無添加成分
  1. シリコーン
  2. 合成ポリマー
  3. アルコール
  4. 合成香料
  5. 鉱物油
  6. 着色料
  7. 石油系界面活性剤
  8. 防腐剤

シリコン(シリコーン)の他にも石油系界面活性剤や鉱物油、アルコールなども無添加です。

アルコールの刺激について

界面活性剤も無添加

界面活性剤自体は、化粧品では洗浄剤や乳化剤として活用されています。

自然由来のナチュラルな界面活性剤もありますし石鹸も界面活性剤です。適切に使えば多くの方が肌トラブル無しで安心して使えます。

ただし、石油系界面活性剤は皮膚表面に残りやすく、表面がヌメヌメしやすい特徴があります。

皮膚表面に残った界面活性剤が肌トラブルに繋がる心配があるので避けた方が良いでしょう。

また、石油系界面活性剤は原価も安いのでメーカーも採用しやすく、全国のドラッグストアなどで大量販売している安価な化粧品に使われている場合も多いです。

鉱物油も無添加

鉱物油(ミネラルオイル)の代表格というとベビーオイルやワセリンですが、これらは表面をコーティングして保護してくれるので肌内部の水分の蒸発を防ぎ一時的な保湿効果があります。

また、酸化しないので安定性も高く保存が効くのもメリットです。

ただし、鉱物油は油膜を作るのですが、肌内部まで潤いを与えるわけではないので注意が必要です。

内部は乾いているのに表面は油分で覆われているので皮脂を作る能力が低下して乾燥肌の負のスパイラルに陥る可能性もあると言われているので乾燥肌や敏感肌の方にはデメリットもありそうです。

イミニリペアセラムは肌に優しいのに使い心地も抜群

イミニリペアセラムは肌に負担になるような素材を極力排除して作られているので肌に優しい成分設計になっています。

毎日使うものだからなるべく肌に優しいものを選びたいですよね!

イミニリペアセラムは肌に優しいので安心して使えています

また、肌に優しいだけじゃなく、しっかり保湿されるのに塗布後の仕上がりは嫌なベタつきが無い使用感も口コミなどで人気です。

メイン成分はパントエア菌LPSという成分で、プルプル美肌を支えるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンをサポートしてくれる優秀な美容成分です。

パントエア菌LPSを含むイミニリペアセラムを毎日使い続けることでハリや弾力、うるおいのある美肌に効果的に導いてくれます

当サイトでは実際にイミニリペアセラムを使った口コミや体験談を紹介しています。興味がある方は是非参考にしてもらえると嬉しいです。

⇒イミニリペアセラムの体験談

タイトルとURLをコピーしました