パントエア菌LPSは赤ら顔対策になるの?オススメの化粧品も

スキンケア関連

美容業界でも注目されている美容成分がパントエア菌LPSです。

紫外線や大気の乾燥、ストレス、睡眠不足など日々の生活の中で肌は様々な外的要因に晒されています。

肌にチカラがないと様々な要因に押し潰されてしまい健康的な状態を維持できません。

そんなピンチな肌の状態を整えてくれるのがパントエア菌LPSなのです。

当ページでは、パントエア菌LPSが赤ら顔対策になるのかを調べて紹介しています。

パントエア菌LPSの具体的な働きとは?

LPSとは、正式にはリポポリサッカライド(Lipopolysaccharide)といい略してLPSと表します。

LPSは簡単に言うと細菌(グラム陰性細菌)の外膜を構成する成分です。もっと簡単に言うと細菌の表面にくっついているものです。

パントエア菌LPSは、ライ麦パンや玄米、土などにも含まれているパントエア菌にくっ付いているLPSです。

なぜパントエア菌LPSが注目されているのかというと、、

パントエア菌LPSは肌本来が持っているチカラにアプローチできるので、年齢肌トラブルの元に働きかけてくれる優秀な美容成分だからです。

パントエア菌LPSは赤ら顔対策になるの?

赤ら顔で悩んでいる場合、パントエア菌LPSは有効なのでしょうか?

結論から書きますが、パントエア菌LPSは効果効能が確認された有効成分ではないので、今日塗って明日、赤ら顔が改善できているといった効果はありません。

ただし、パントエア菌は肌力(潤いのある肌)に働きかけて健やかな状態へと導いてくれます。

その為、肌荒れなどの炎症由来の赤ら顔対策(予防)は期待できます、肌荒れが原因で赤ら顔になっているという方は是非使ってみて欲しい成分です。

ただ、赤ら顔と一言でいっても、様々な赤ら顔の症状があります。

  • 頬や小鼻周辺に赤みが出る
  • 肌荒れなどによる炎症が原因の赤み
  • 皮膚の下の毛細血管が透けて目立つことによる赤み
  • 敏感肌による赤み

まずは、赤ら顔になってしまう原因から確認していきましょう。肌荒れによる赤みが原因の場合は赤ら顔の予防としてパントエア菌LPSを選択肢の一つに入れてみましょう。

赤ら顔にならないために注意したいこと

日常生活の中で赤ら顔対策になるスキンケア方法や生活習慣についてまとめてみました。是非チェックして出来ることは無いか探してみて下さい。

肌に強い刺激を与えない

洗顔やクレンジング時に指の腹でゴシゴシ洗ったり、洗浄力の強すぎるクレンジング、毎日ピーリング剤を使うなど、肌に刺激やダメージが蓄積するようなスキンケアを行うと、肌の乾燥が促進して赤ら顔の原因になってしまうので注意しましょう。

洗顔やその後の保湿ケアなどは、なるべく肌に優しく行いましょう。

ニキビは無理に潰さない

ニキビができると早く治したいからセルフケアで潰してしまう方もいますが、自分で潰すと内部の皮脂がしっかり押し出せなかったり、指に付着した細菌が入り込んで炎症が悪化したりする心配があります。

どうしても潰したい場合は皮膚科に行き、専用の器具で潰してもらいましょう。

また、ニキビが大きくなって勝手につぶれた場合は、血や膿を清潔なティッシュで優しく抑えるように取ったらそのままにしておくか、酷い場合は病院で治療を受けましょう。

気になってしまいますが、手で触るのは細菌が入る可能性があるのでNGです。

紫外線対策はしっかり

紫外線を浴びるとシミや黒ずみ、乾燥など様々な肌トラブルの原因にもなりますし、乾燥は肌のバリア機能が低下して赤ら顔の原因になってしまいます。

普段から小まめに日焼け止めクリームを塗ったり、日傘の使用、飲む日焼け止めサプリなどできる範囲で紫外線対策はしっかり行いましょう。

美容医療で治療するのも選択肢の中の一つ

赤ら顔は、美容クリニックや医療機関でも治療ができ改善することができます。確実に効果を実感したい方や、すぐに効果を実感したい場合などは美容医療で治療するのも選択肢の一つです。

ただし、費用面ではかなり出費することになるので、お財布と相談して経済的に余裕がある方にオススメです。

パントエア菌LPS配合のオススメの化粧品

パントエア菌LPS配合のスキンケアアイテムを探しているのなら、当サイトでオススメしているオールインワン美容乳液『イミニリペアセラム』がオススメです。

イミニリペアセラムはパントエア菌LPSを高濃度で配合したオールインワンコスメです。

口コミやレビューでも評価が高く、実際に使ってみても使用感がよく、私にとって理想的な化粧品でした。

実際に使ってみて感じた感想は下記で紹介しているので気になった方は是非チェックしてみて下さい。

イミニリペアセラムを使った感想・体験談

タイトルとURLをコピーしました