アルコールを含む化粧品の肌への影響は?刺激について

スキンケア関連

最近は化粧品でも無添加にこだわった処方を売りにしている化粧品も増えています。

その中でもアルコールフリーの化粧品は沢山販売されていますが、アルコールの肌への影響は気になりますよね。

アルコールが肌に対してどのような影響を及ぼすのか、刺激性について、また、どうしてアルコールフリーの化粧品が選ばれているのかなどを解説していきます。

どうしてアルコールは化粧品に含まれているの?

化粧品に使われるアルコールというとエタノールなどが有名ですが、その他にもブタノール、ベヘニルアルコール、セタノールなどがあります。

アルコールを化粧品に配合する理由ですが、下記のような働きが期待できます。

  1. 収斂作用
  2. 清浄・殺菌作用
  3. 清涼作用
  4. 原料を溶かす可溶化作用

収斂作用

アルコールは揮発性の高い液体で肌をキュッと引き締める作用があります。その為、毛穴ケアを目的とした収れん化粧水などにも含まれています。

肌の引き締め目的でスキンケア用品を選びたいという方にはメリットもある成分です。

清浄・殺菌作用

油汚れを落とすために洗浄目的でアルコールスプレーを使っている方もいますが、アルコールは皮脂汚れや古くなった角質汚れを綺麗に清浄することができます

また、アルコールには殺菌作用もありますし、化粧品に配合することで防腐剤としての働きも果たしてくれるのも利点です。

清涼作用

エタノールは揮発性が強く皮膚に塗布すると空気中にすぐに蒸発するのでスース―と清涼感がある使用感(清涼作用)や刺激があります。

刺激を感じると思いますが、この清涼感自体には危険性は無いのですが、後で記載しますが乾燥肌の人は注意が必要です。

メンズコスメの洗顔料や洗髪料、汗拭きシートなどでスース―する商品も多いですが、これはアルコールが入っているおかげです。

原料を溶かす可溶化作用

アルコールには水や油に溶けにくい原料を溶かす可溶化作用があります。分離しにくく均一に混ぜて溶かしてくれるので使用感や安定性を高めてくれます。

アルコールの影響「デメリット」について

アルコールには美肌作りをサポートするメリットがある反面デメリットもあります。そのデメリットを確認していきましょう。

皮膚の水分が失われる

アルコールは揮発性が高く、皮膚に塗布するとアルコール自体がすぐに蒸発していきます。その時に皮膚の水分も同時に蒸発してしまうので結果的に皮膚の水分が失われてしまいます。

肌表面、角層の水分が少なるくなると肌のバリア機能も弱まるので紫外線などの外的要因からのダメージも強まってしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方はアルコールを含んだ化粧品は避けた方が無難です。

体質的にアルコールを激性に感じてしまう

体質や肌質によってはアルコールに対して過敏にアレルギー反応してしまう方もいます。アルコール入りの化粧品を使うと赤みや腫れ、かゆみなど刺激に感じて症状が出る方もいるので注意です。

アルコールを刺激に感じる人はお酒に弱い方に多いようで、もしもお酒に弱い方でアルコール配合の化粧品を使う場合は二の腕など目立たない部位でパッチテストなどを行うと安心でしょう。

オススメのアルコールフリーのスキンケア用品を紹介

アルコールはメリットもありますがデメリットもあるので心配な方は避けるのが無難です。

当サイトでオススメしているオールインワンスキンケア用品「イミニリペアセラム」はアルコールフリーはもちろん下記の8つの成分がフリーなので肌に優しい処方で作られています。

無添加成分
  1. シリコーン
  2. 合成ポリマー
  3. アルコール
  4. 合成香料
  5. 鉱物油
  6. 着色料
  7. 石油系界面活性剤
  8. 防腐剤

アルコールの他にも、肌に刺激が強い石油系界面活性剤やコーティング力が強いシリコーンなども無添加です。

ノンシリコンのメリットやシリコンの危険性について

もちろん、肌質は千差万別なので全員に安全というわけですが、少しでも肌に優しいスキンケア用品を探しているという方にイミニリペアセラムはオススメです!

イミニリペアセラムの口コミ・体験談をチェックする

タイトルとURLをコピーしました